View More on Ovrvision Pro PV

Ovrvision Proの
できること

VR・AR

没入型ARの提供

スマートフォンARより目の前いっぱいに
広がる画角で自由に手が使える全く新しいAR。

医療・擬似体験

実写合成シミュレーション

過去の映像とリアルタイムの映像を組み合わせ
新しい疑似体験、リハビリや環境シミュレーションの実現。

ロボ・ドローンへ搭載

高精度なセンサー類として活用

高解像度、高速データ通信で高度な両眼画像解析。
ロボやドローン、車などへの搭載も可能な軽量60g。

産業用カメラへの組み込み

ハードウェアの高い拡張性

GPIO、EEPROM搭載で拡張性を確保。
産業用カメラと同様のカスタマイズが可能。

製造・建築

現実世界に設計データを投影

建築や製造前の段階でお手元の設計データを
投影する事で質感、距離感のある事前確認を実現。

What is Ovrvision Pro?/

Ovrvision ProはHTC ViveやOculus Riftに装着する事で没入型ARやハンドトラッキングが行える高性能ステレオカメラです。

高FPS、高解像度、広視野角、両眼同期、低遅延を実現しています。EEPROMやGPIOを搭載し組み込み系の拡張スロットを備えているため、ロボセンサーなどにも活用可能です。

Unity5、Unreal EngineなどのゲームエンジンやARソフトウェアをサポートして無償提供されるOvrvision Pro SDKと合わせて汎用性の高い開発環境が整っています。

Ovrvision Pro SDKはオープンソースソフトウェアのライセンスであるMIT LICENSEで提供され、商用利用問わず自由にご利用頂けます。
*FPSと解像度は7段階のモードがあります。詳細はプロダクトページをご確認ください。
*VRmode(60FPS)はモード1が1280×800,モード2が960×950となります。

VR MODE FEATURES

超広角レンズ採用
水平角100° 垂直角98°

市販のWEBカメラと比較して広角なレンズを採用。ステレオのため更に広い視野角を確保。
*MAX水平角115°垂直角100°まで対応。

独自のハード設計
60FPS,低遅延50msec

VR酔いを軽減させるために専用のSDKや高FPSのVRモードを搭載。
*QVGA(120FPS)~WQHD(15FPS)の7段階設定が可能。

USB3.0の高速通信
高解像度Dual 1.8MP

Ovrvision1と比較してOvrvision Proは約4倍の高解像度。
*両眼最大で10MPまで使用可能。

ファームウェアで両眼同期ズレの無い正確なAR表現

ファームウェアにより両眼同期を実現。ステレオセンサーならではの距離計測も可能に。

ovrvisionar

自由に手が使える完全没入型AR/

完全没入型ARはスマートフォンARよりも目の前いっぱいに広がる大きな画角。
Oculus Riftを使用した立体的な質感のあるARをステレオで表示する事ができます。

自由に手が使えるため、手でデバイスを持つ従来のARでは出来ないシミュレーションの作成など様々な用途で開発を行う事ができ、Oculus Riftの可能性を広げます。

AR/MR FEATURES

強力なARソフトをサポート

ARシステムのArUcoを包括した無償提供のOvrvision Pro SDK、metaio ver.5の2種類で強力サポート。

AR Viewer標準搭載

プログラム不要のAR Viewerを標準搭載されています。企画や製品プレゼンにご活用ください。

没入型クロマキー合成

AR同様に手が自由に使えるため360°動画と合わせて環境シミュレーションが実装できます。

ハンドトラッキングの実現

OpenCVによる色の識別を使い、簡易のハンドトラッキングを実現しています。

ovrvisionsdk

ゲームエンジン対応、無償SDK提供
汎用性の高い開発環境/

Ovrvision Pro SDKではステレオカメラの特性を活かした独自のARシステムに加えてクロマキー合成やハンドトラッキングなどOvrvision Proをフルに活かすソフトウェアが最初から入っています。

また、ハードウェア面においては7段階の解像度、FPS設定に加えてノイズ軽減対応で産業用カメラと同等な設定項目数により高度な制御が可能です。

DEVELOP FEATURES

大手ゲームエンジン対応Unity 5/Unreal Engine

大手ゲームエンジン2種類に対応。Assetを使用すれば簡単にAR表示やARゲームなど開発が可能です。

C,C#,C++,objC,JAVA,対応

開発言語は主要5言語を抑えており、UnityやUnreal Engineと合わせて汎用性の高い開発環境を提供します。

主要OSに対応

Windows,Macの主要OSに加えて組み込み系にも強いLinuxを抑えています。

SDKのオープンソース化
(MIT License)

当製品のSDKはオープンソース化しているため、商用利用の可否を問わず自由にご利用頂けます。ハードの組み込みの際にお役立てください。

ovrvisionhardware

産業用カメラ顔負けのハイスペック
幅広い組み込みに対応した拡張ユニット搭載/

Ovrvision Proには前作、Ovrvision1で要望の多かったGPIOやEEPROM、ファームウェアなどハードウェア面で強化されています。両眼同期による距離測定や高解像度で高性能ステレオセンサーとしてご活用頂けます。

HARDWARE FEATURES

GPIO搭載で拡張性アップ

他の基板に接続する事でOvrvision Proに赤外線ユニットを搭載して3Dスキャナー化させるなど可能性を広げます。

ファームウェアでカスタマイズ

両眼同期に使用しているファームウェアはユーザーが書き込む領域を確保しています。EEPROMやGPIOと組み合わせてカスタマイズが可能です。

EEPROMで設定保存

設定そのままに持ち歩ける他、組み込み系制作時にもお役立てできます。

ステレオ特有の画像解析が可能

ステレオカメラのセンサーユニットとしても高解像度で距離測定、色判別により精度の高い画像解析が可能です。

OvProbuy